企業としての取り組み

長野市と松本市で恒例の夏祭り「長野びんずる」「松本ぼんぼん」。高沢グループから大勢の社員が参加します。
「長野びんずる」は10年以上連続で参加している伝統行事。高沢産業、タカサワ、タカサワマテリアル、高和製作所、モトーレン長野の各社からの総勢約200名が5つの連を連ね、中心市街地で軽快に踊ります。
「松本ぼんぼん」には高沢グループとして参加。高沢産業、タカサワ、タカサワマテリアル、タカサワ通商、第一生コン、高和興業、平安堂の7社から総勢約130名が一つの連を組みました。この日に向けて2度の合同練習の成果もあって非常に息の合った美しい踊りが特長です。
これを機に各事業部やグループ会社間の親睦も深めていきます。


(左)長野びんずるでの集合写真 (右)松本ぼんぼんでの集合写真


息の合った踊り

「高沢グループ大感謝祭」はグループとして取引先企業の皆様、地域の皆様への"感謝"の思いを込めて開催しております。当イベントも2015年度で3回目を数え、例年1万人以上を超えるご来場があり、大変好評を博しています。最新のOA機器やゲームなどを集めた「オフィス&ビジネス」、木工教室など体験型ブースが多い「住まい&暮らし」、無料のヘルスチェックなどが人気を集める「健康&福祉」など、各ゾーンの複数のブースで順番待ちの列が出来るほどです。

また「高沢グループ輸入車ショー」と銘打ったカーライフゾーンも、輸入車ならではの華やかで壮大なスケール感が会場を彩ります。そして、お笑いショーやキャラクターショーなども開催し、毎年立ち見客を含めてファミリー層を中心に2,000人を超える観客が集まります。


カーライフゾーン


(左)お笑いショー (右)キャラクターショー

体験型の出展ブースも多いことから小さなお子様にも楽しんで頂いております。グループ各社が総力を結集し、日ごろのご愛顧にこたえていくべく、今後もより多くの方に楽しんでいただけるイベントにしてまいります。


(左)アルクマふわふわ (右)だいすき!私の小学校絵作文コンクール 作品展示会

樋口政幸1979年1月15日生まれ。新潟県出身。長野県安曇野市在住。
2003年、24歳の時に大型バイクの事故で脊椎を損傷し、車いす生活となる。リハビリ中に誘われて陸上競技を始める。2012年ロンドンパラリンピック日本代表。2013年IPC世界選手権1500m銅メダル、5000m銀メダル。2014年仁川アジアパラ競技大会5000m銅メダルを獲得している。
株式会社タカサワは、その実直な人柄や日本を代表するアスリートとして、ストイックに競技に取り組み常に進化を続ける樋口さんの活躍を応援しています。